大宮の観光名所

大宮の観光名所といってまず浮かぶのは大宮氷川神社になりますが、ほかにも見どころは多くあります。たとえば、鉄道博物館も開館以来、多くの人でにぎわっている人気スポットです。日本と世界の鉄道についての展示があり、実物車両や模型のほか、シミュレーターなども楽しむことができるようになっています。大宮駅からニューシャトルが走っているので、アクセスも簡単にできます。10時から18時までの営業となっており、毎週火曜日は休館です。

 

そして、現在のさいたま市北区にある盆栽村も観光客には人気があります。盆栽に興味のある人にとっては国内有数の盆栽郷として知られており、じっさいに国内外から愛好家たちが訪ねてきています。もともとは関東大震災のおりに、東京の小石川周辺に住んでいた盆栽業者が移転してきたことが始まりとされています。なぜ大宮の地が選ばれたかというと、関東ローム層の赤土ときれいな水、そして広大な土地が残っていたからです。

 

また、大宮公園も地域住民にとってなじみ深い場所です。とくに近年はJリーグの大宮アルディージャが本拠地としているNACK5スタジアムがあることで、試合のある日には多くの人でにぎわっています。サッカー場以外にも、野球場や体育館、水泳場や動物園、博物館などもあります。春には桜の名所としても知られているのです。氷川神社のための鎮守の森としての役割もあるとされています。そのほか、氷川神社の大宮薪能や大湯祭なども有名です。